ケンジタキギャラリーに行きました:塩田千春 塩田千春展【名古屋市中区/矢場町駅】

森美術館で「塩田千春展 魂がふるえる」が開催中(2019年6月20日〜10月27日)で気になる!と思っていたら、栄のケンジタキギャラリーでも「塩田千春展」が開催中(2019年8月24日〜10月12日)ということでトリエンナーレの流れで行ってきました。

Direction

ギャラリーの扉をあけるとフェルト素材の小舟が浮遊し、黒糸が滴りまくっていました。黒糸の奥に2階への階段があるため、作品に身が取り込まれるような気分になりながら前に進んでいきます。

地に触れるとき など

ギャラリー2階にあがると、モチーフ(船や本、靴)に対して赤い糸が鮮血のごとく滴るように、もしくは絡んだり覆い尽くすような感じになっていました。もの凄いイラストレーション!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です