豊田市美術館に行きました:岡﨑乾二郎 視覚のカイソウ【愛知県豊田市】

土曜日のランチ後、妻と豊田市美術館に行きました。秋色のランドスケープに乳白・薄緑・垂直線のアーキテクチャが美しいです。学生時代から通いはじめて、結婚してからは年間パスポートを購入して展覧会が変わるたびに訪問しています。

岡崎乾二郎 視覚のカイソウ

岡崎乾二郎による17年ぶりの大規模個展です。「この上なく軽やかに壁に留まるレリーフ。小さなその一つの塊は、しかし建物のように豊かな空間をもち、また見る度に私たちの脳裏に異なる複数の姿をあらわす。」という大小様々な絵画・彫刻が一挙に展示。
カイソウ、回想、階層という多面性を楽しみました。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です