愛知県美術館「コートールド美術館展 魅惑の印象派」に行きました(中区)

初売りでにぎわう栄を妻と散策中、「コートールド美術館展 魅惑の印象派」のポスターを発見。2020年の美術初めをしよう!ということで、星乃珈琲店でホットコーヒーとスフレを頂いた後にふらり立ち寄りました。

コートールド美術館展 魅惑の印象派

印象派の殿堂 コートールド美術館の傑作群がてんこもり。マネの「フォリー=ベルジェールのバー」、ルノワールの「桟敷席」、ドガの「舞台上の二人の踊り子」を鑑賞しつつ、モネ(33歳)の「秋の効果、アルジャントゥイユ」のセーヌ河に映り込む秋晴れの光・色彩に惚れ惚れしました。

2019年度第3期コレクション展

愛知県美術館のコレクション展も鑑賞しつつ、インドネシアのアーティスト・コレクティヴ P(art)Y LABのパフォーマンスまで満喫。新年早々に良い体験ができました。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です