岐阜県現代陶芸美術館に行きました「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」(岐阜県多治見市)

5連休はじまりの水曜日、妻と岐阜県現代陶芸美術館に行きました。磯崎新の設計、自然保護(シデコブシ)の橋を渡ると森のかたちに倣った大型建築が現れます。猛暑のため建物探訪は諦めて「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」に一直線。

ルート・ブリュック 蝶の軌跡

アラビア 美術部門の専属セラミックアーティストとして活躍したルート・ブリュックの巡回展。暮らしやおとぎ話をモチーフにした初期作品から、幾何学的な後期作品まで一気見しました。「ライオンに化けたロバ」の可愛いさを期待していたら、「春の雲」や「色づいた太陽」のミニマルな美しさのほうに圧倒されました。色や形が惹きたちまくり。

母子

ボトル

ライオンに化けたロバ

ヘキサゴン

レリーフ(アダムとイブ)

レリーフ(イコン)

水辺の摩天楼

春の雲

色づいた太陽

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です