豊田市美術館(年間パスポート)の振り返り【2019〜2020年】

「デザインあ展」に行く前に豊田市美術館の年間パスポートの有効期限が切れちゃいました。2019〜2020年(5回訪問)の間にコロナ禍による休館期間もありましたが、振り返ってみると思い出いっぱいです。

9月

改修工事(18年7月〜19年5月)を経て「クリムト展 ウィーンと日本1900」と「あいちトリエンナーレ2019 情の時代」が同時開催。トリエンナーレ問題勃発して封印作品が多い中、スタジオ・ドリフトの浮遊する灯りはずっと眺めていたいものでした。

あいちトリエンナーレ2019 情の時代、豊田市美術館に行きました:クリムト展 ウィーンと日本1900【愛知県豊田市】

12月

「岡﨑乾二郎 視覚のカイソウ」は岡崎乾二郎さんの作品を過去から現在までずらり。あかさかみつけの小さなレリーフからはじまり、タイルやドローイングがあったり、1853という巨大作品が鎮座したり。カイソウ・回想・階層をしていくほどに楽しめるわけですが、コロナ前だと思うと随分前の出来事に感じます。

豊田市美術館に行きました:岡﨑乾二郎 視覚のカイソウ【愛知県豊田市】

6月

コロナ緊急事態宣言による休館(4〜5月)を経て「久門 剛史 − らせんの練習」が開催。弧を描くシャーペンがストンと落ちたり、スポットライトがパパパっと点滅する感じが心地良かったです。あと横山奈美さんの作品を好きになって愛知県美術館やケンジタキギャラリーまで見に行ってみたり、インスタ・Twitterをフォローするようになりました。

豊田市美術館に行きました:久門 剛史 − らせんの練習【愛知県豊田市】

9月

「久門 剛史 − らせんの練習」をリピート。初めて娘(1歳)と美術館に行って、ベビーカーを押しながら見てまわりました。「娘にはまだ早いかな?」と思っていたら行儀良く・目を輝かせて見ていたことに感動。

豊田市美術館に行きました:久門 剛史 − らせんの練習【愛知県豊田市】

10月

「開館25周年記念コレクション展VISION|DISTANCE いま見える景色」は奈良美智さんのThrough the Break in the rainが初展示。朝一番に行くと誰もいなかったのでゆったりと見てまわり、帰ろうとしたときに娘が初めて外歩きができたという嬉しい一日でした。

豊田市美術館に行きました:開館25周年記念コレクション展VISION|DISTANCE いま見える景色【愛知県豊田市】

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です