キッズ・リターンを見ました

木曜日の在宅勤務後、1月のビューティフルマインドぶりの一人映画デーです。先輩達からおすすめしてもらったキッズ・リターンをベッドに転がりながら見てみました。1996年公開の北野武監督作品(バイク事故後の復帰作)、落ちこぼれのマサルとシンジがぼろぼろになっていく青春映画。一筋の光が見えたようでまったく見えないままのラストシーンが突き刺さります。若かりし金子賢と安藤政信の名演技、映像や音楽も最高でした。

「マーちゃん、俺たちもう終わっちゃったのかな?」「バカヤロー、まだ始まっちゃいねえよ」

<音楽>久石譲のKids Return

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です