イッタラのカステヘルミ プレート(17cm)を使っています

土曜日の朝、妻とブーランジェリーパンジェンヌのパンを食べました。バターをつけずにそのままチンしてカステヘルミ プレートにのせて、カルティオ タンブラーに珈琲牛乳を注いだだけのモーニングセット。塩おにぎりを食べるくらいに素朴ですが絶品、見栄えも良くて朝から癒されました。ケーキ皿にしても綺麗にきまるし、取回しもよくて暮らしに欠かせないお皿です。

カスヘルミとは

1964〜1989年までヌータヤルヴィガラス向上で生産、そのあと2010年にデザイナーのオイバ・トイッカの50周年に復刻したシリーズ。モチーフの朝露は単なる美しさを求めただけでなく、当時の生産上の課題解決(ガラス傷をきらきらで目眩す)から生まれた機能美でした。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です