「チョコレートドーナツ」を見ました

土曜日の夜、娘(7ヵ月)が寝てからリビングで妻と「チョコレートドーナツ」を見ました。

ストーリーと感想

1979年のカリフォルニア、同性愛カップル(ルディとポール)が育児放棄されたダウン症の少年(マルコ)を保護。家族として愛情一杯に育てますが、同性愛への差別・偏見からマルコは施設に送られてしまいます。ルディの「1人の人生の話だぞ、あんたらが気にも留めない人生だ」という訴えや、I Shall Be Released(ボブ・デュラン)を歌うシーンに号泣。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です