映画ログ#13 それでも夜は明ける

火曜日の夜、妻・娘(10ヶ月)の就寝後にアマゾンプライムで「それでも夜は明ける」を見ました。1841年のアメリカ、自由黒人が誘拐されて奴隷として売られてからの12年間のストーリー。聖書・綿畑・ムチ打つ白人・打たれる黒人のえげつないコントラスト(アメリカの奴隷制度)に目を覆いたくなりますが、Roll Jordan Rollの合唱に心打たれました。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です