豊田市美術館 「久門 剛史 − らせんの練習」に行きました(豊田市)

梅雨晴間の土曜日、妻と岡崎市から豊田市までドライブしました。岡崎市でラーメン(銀界拉麺)とかき氷(一降堂喫茶室)を食べたあと、豊田市の豊田市美術館へ移動。深緑のランドスケープに乳白・薄緑・垂直線のアーキテクチャが美しいです。

開館25周年記念コレクション展 VISION Part 1 光について / 光をともして

VISION(1回目/全4回)はヨーゼフ・ボイスの言葉(その炎を守れ)からはじまり、奈良美智の「Dead Flower」や横山奈美「LOVE」などのコレクションとゲストアーティスト 玉山拓郎「Eclipse Dance」の作品が燈火のごとく広がります。私はiPhoneのバッテリー残量10%であることに気付きモヤモヤ。

コレクション:電気の時代

豊田市美術館が誇るクリムト「オイゲニア・プリマフェージの肖像」とシーレ「カール・グリュンヴァルトの肖像」を拝みつつ、ヤノベケンジ「ラディエーションスーツ・アトム」がVISIONの燈火を広げます。私はiPhoneのバッテリー残量5%で電気時代を痛感。

久門 剛史 − らせんの練習

「真上から見ると円だけど、視点を変えると初めて螺旋であることに気づく」という、日々目にする・耳にするものの美しさにふと気づいたときのインスタレーション。積もりゆく紙とこぼれ落ちた点滅電球の「Force」からはじまり、ミラーボール(無数の時計付)の「after that.」、秒針の「らせんの練習」、点滅電球の「Quantaize#7」まで凄く良かったです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です