ゼロ・グラビティ、恋するトマトを見ました

ふとした夜、一人でベッドに転がって映画(アマプラ)を見ています。5月のマンチェスターバイザシーぶりにそんなひととき。

ゼログラビティを見ました

宇宙の映画は「アルマゲドン」など数えるほどと疎遠でしたが、ベゾス(Amazon創業者)の宇宙旅行のニュースに影響受けて見てみました。宇宙飛行中に事故発生、仲間が全員亡くなり、一人になったライアン博士(女性の医療技師)が絶望しながらも地球への帰還を目指します。宇宙(無重力)のシーンが99%だったので地球(重力)のラストワンシーンに「んおぉ」っとなりました。

恋するトマトを見ました

可愛いタイトルとおっちゃんの弾ける笑顔のマリアージュが気になって見ました。茨城県在住・中年農家・独身 野田正男(大地康雄)は婚活失敗しまくり。怪しいフィリピーナの結婚詐欺に引っかかってどん底に落ちますが、優しいフィリピーナのおかげで人生を取り戻していきます。農業を通じて優しい人たちが繋がりあう素敵な映画でした。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です