<映画>グリーンブックを見ました

土曜日の夜、妻と「グリーンブック」を見ました。1962年の黒人差別の色濃い時代、黒人ピアニスト(ドン・シャーリー)と白人運転手(トニー・リップ)がニューヨークからディープサウスをライブツアーしていくロードムービー。「それでも夜は明ける」のえげつない黒人差別とは対照的、友情・笑い・ショパン(木枯しのエチュード)からのジャズセッション・クリスマスの夜に心温まりました。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です