名古屋市美術館 ゴッホ展―響きあう魂 ヘレーネとフィンセントに行きました【名古屋市中区/矢場町駅】

小雨降る日曜日、妻と名古屋市美術館で開催中のゴッホ展に行きました。へレーネ(ゴッホ作品収集家)が創設したクレラー=ミュラー美術館を中心にファン・ゴッホ美術館とのコラボ展示。2018年の名古屋ボストン美術館 ボストン美術館の至宝展ぶりのゴッホです。ヒマワリのあとのシリーズ 糸杉(夜のプロヴァンスの田舎道)、敬愛するミレーの模写(種まく人)など。ビックネームゆえの人混みでゆっくり見ることはできなかったけど、素描画や油彩画からはじまり、分厚くてぐるんぐるんに躍動していく変遷にパワーをもらいました。

夜のプロヴァンスの田舎道

種まく人

黄色い家

サン=レミの療養院の庭

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。