名古屋市美術館の「カラヴァッジョ展」に行きました(中区)

日曜日の朝、妻と名古屋市美術館に行きました。「カラヴァッジョ展」がまもなく終了するから見ておきたい!ということで、昨日の豊田市美術館に続き二日連続のアートデーです。

「カラヴァッジョ展」の感想

気象の荒さから殺人を犯しながらもバロック期の重要人物とされるイタリア人画家です。ルネサンス(誇張的・均衡的)のカウンターとしてのリアルな人物表現と明暗技術(黒い背景・スポットライトのような光)が特徴。今一度、西洋画の流れ(ゴシック、ルネサンス、バロック)を頭に巡らせつつ圧倒されました。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です