情熱のピアニズムを見ました

金曜日、3ヶ月ぶりに出社しました。久々に同僚と会えてモチベーションアップしつつ、サッと帰宅して『情熱のピアニズム』を鑑賞。学生時代から大好きなジャズピアニスト ミシェル・ペトルチアーニのドキュメントです。全身骨折(骨形成不全症)で生まれてからの36年間の功績と人柄(ユーモア、好奇心、女性関係等)、小さな体(身長1m)を使い倒したキレキレなタッチと表現力はもちろん生き様まで含めて半端ないです。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です